七五三(7歳・5歳)の出張撮影でさいたま市の大宮氷川神社さんへ

こんばんは、出張カメラマンの織田です。

七五三神社撮影まだまだ続いています。

今日は赤坂の日枝神社さんで3歳の女の子の撮影でした。

履きなれない草履で歩く姿が可愛くて沢山撮ってしまいました。

撮影前に日枝神社の社務所に挨拶に行くと女性スタッフの方がおられて笑顔で対応してくれました。

いつも笑顔で対応してくれるのでその優しさがステキで、自然に失礼のないような撮影を心がけようという気持ちがします。

 

武蔵一宮氷川神社さんの長い参道

先日、今年6回目の武蔵一宮氷川神社さん(さいたま市大宮区)で七五三撮影でした。

大宮氷川神社さんといえば大きな鳥居と長い参道が名物です。

一の鳥居から三の鳥居まで長い参道が続きます。

今ちょうど参道の両側にある楓や他の木々がキレイに色づいていて

参道を歩く人を癒してくれます。

三の鳥居をくぐってさらに石畳の参道を進むと池があり、その先に手水舎と桜門があります。

池には赤い橋があり、この場所は写真撮影スポットになっていて

多くのご家族がこの橋の上で撮影をします。

桜門を入ると境内。

境内の中央には舞殿があり最近は菊が飾られた撮影用のブースも作られています。

 

この日は7歳女子・5歳男子の姉弟撮影

今回の出張撮影は7歳、5歳の姉弟パターン。

今まで何度も撮らせて頂いているご家族なので

会った瞬間から「久しぶり~」というフレンドリーな雰囲気で最後まで撮影ができました。

この紺色の着物ステキでした。

武蔵一宮氷川神社 七五三

 

弟君はグレーを基調とした紋付袴

武蔵一宮氷川神社 七五三

 

最後は兄弟撮影の定番、相合傘で撮りました。

武蔵一宮氷川神社 七五三

そしてここから

武蔵一宮氷川神社 七五三

こうなりました。

当日は日曜日で境内も混雑していたのですが、基本境内での和傘使用はせずに

門の外に出て他の参拝者の邪魔にならないよう配慮しながら使っています。

前回と同じくこの日もお隣の大宮サッカー場では大宮アルディージャの試合があり

撮影中サポーターの応援の太鼓と声は止むことはありませんでした。

これからも子供たちの健やかな成長を願っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※12月平日少しだけまだ予約可能です。

内容の詳細、お申し込みはこちらから