出張撮影カメラマン&写真講師の織田隆一です。

今日は出張カメラマン向けの記事をお届けします。

神社出張撮影マナー講習会

神社出張撮影マナー講習会

ここ2~3年、七五三やお宮参りの神社参拝の様子をプロのカメラマンに撮影依頼する神社出張撮影が注目されています。

依頼数は年々倍増していて、神社に行くと1家族に1人のカメラマンが付いているということもあったりします。

やはり家族の大切な記念行事を写真に残しておきたいという需要はこれからも増えていきそうです。

しかし、一方では出張カメラマン禁止の神社仏閣さんも増えて来ています。

そこで「どうしたらお客様のご要望に応え続けていくことができるのか?」を考えて現在、出張撮影カメラマン向けの神社撮影マナー講習会をほぼ毎月開いています。

次回は12月11日(水)10時半~12時半に新宿で開催です。

 

神社撮影の注意点は2つ

そもそも神社とはどんな場所なのかと言うことを意識して次の2つの注意が必要です

1.神様や神職の方に配慮した撮影

2.他の参拝者に配慮した撮影

この2つの配慮がとても重要なのです。

 

配慮と言っても人によって物事の捉え方が違いますので

神職の方とコミュニケーションをとる中で知ることができた配慮を講習会ではお伝えしています。

 

神社とはお参りする場所であり写真を撮る場所ではない

よく神職の方から聞くのは

「神社は写真を撮る場所じゃない」

と言うことです。

よってカメラマンが神社に行き写真を撮る場合はとても配慮が必要だと言うことです。

出張撮影禁止の原因はカメラマンの配慮のなさと言われても仕方がありません。

1.神様や神職の方に配慮した撮影

2.他の参拝者に配慮した撮影

講習会ではこの2点を重点にどんな配慮が大切なのかをみんなで考えて行きます。

 

参加者からの感想

・これから神社撮影をしようと思っていたので不安が解消された

・何に注意したらいいのか分からなかったのでひとつの基準が分かってよかった

・今まで撮影していてあいまいだった部分が明確になった

・神社の特有のルールがあるということを知れてよかった

・撮影小物の使い方が分かってよかった

このような感想を毎回頂いています。

これからも七五三・お宮参りの出張撮影を続けていけるよう私たちカメラマンも自助努力をしていきたいと思います。