大切な人との関係性こそが宝物

いま身近に大切に想っている人はいますか?

友人ですか、それとも家族ですか?

「人生の宝物」とは

「大切な人との関係性」と言われます。

どれだけより良い関係性(絆)を築けたか。

それが人生の幸せに大きく影響しています。

大切な人との絆を写真に残すことが出来たら

写真は大切な宝物になることでしょう。


ファミリースタイルフォト代表 織田隆一

1968年3月東京生まれ、福島育ち。
38歳の時ハウススタジオにて写真の仕事に携わり、その後独学でカメラの勉強をしフリーランスとして家族写真撮影を専門とした「ファミリースタイルフォト」を設立、現在に至る。
子供の気持ちに寄り添う独自のコミュニケーション方法で子供の笑顔率はほぼ100%。
近年はカメラマンとして活動する傍ら、撮影技術向上のため講師としてセミナーを開催しながら家族を撮るフォトグラファーの育成とサポートを行っている。
妻、1男2女の5人家族。
趣味・・・スポーツ観戦・釣り・読書・映画鑑賞・音楽

出張撮影カメラマンとして心がけていること

今まで約10年間、1年に約1000家族以上の撮影をしてきました。
私が子供写真、家族写真撮影で意識していることは
「子供の気持ちに寄り添う」ことです。

「子供の気持ちに寄り添う」とき、撮影する場の雰囲気が優しさと穏やかさに包まれます。
さらに快適に気分よく過ごせる空間は子供の自律性を促し自己肯定感が増します。

子供の気持ちに寄り添い、恐れのない環境を作れれば撮影はほぼ成功したようなものです。
後はカメラマンがテクニックを駆使しながらパパやママが願っている写真を撮るだけ。

今日もお子様の気持ちに寄り添い全力で撮影します。
ファミリースタイルフォト代表 織田隆一